マインドセット 中国輸入 働き方 生き方 販売戦略

中国輸入ビジネスはもう稼げない?【初心者はズラして戦え】

どうも、NaOです!

タイトルの
「中国輸入ビジネスはもう稼げない」
についてですが、

半分その通りで、半分間違っています。

もう少し詳しく述べると
「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはもう稼げない」
です。

今回はなぜ、
・なぜ単純転売の中国輸入ビジネスが稼げないのか?と
・初心者はどのように物販ビジネスを行うべきか
について解説します。

 

なぜ単純転売の中国輸入ビジネスが稼げないのか?

みんな同じことをやるので価格競争におちいっている

一昔前は、中国輸入ビジネスはノウハウが少なく
やっている人が少なかったので、
中国商品を輸入して単純に転売するだけでも
月100万は余裕なビジネスでした。

ですが、今はどうでしょうか?
中国輸入ビジネスと検索すると
多くの情報が散見されます。

試しに、youtubeで中国輸入ビジネスで検索したところ
登録者数100万越えのyoutuberが
このような動画を出していました。
(この人初めて知りました。youtube検索で一番上位にされていたので、例として挙げました。)

確かに、この動画は基本を網羅しているので
間違ったことを言っていません。
(普通にいい動画だと思いますよ)

ですが、この方法で月10万円
かせる人ははどんどん少なくなっていくでしょう。

理由は、誰でもできるので、みんなやるからです。

この動画のチャンネル登録者は100万人を超えています
もし、仮にこの100万人がみんな同じことをやったら

100万人同士で、同じような中国商品を販売するので
価格でしか差別化ができす、

中国商品をただ転売するような販売では
まったく稼げなくなってきます。

あなたも感じているのではないですか?
・中国商品が昔に比べて、売れなくなってきた
・中国商品を販売しても赤字
・中国商品が昔より稼げなくなってきた
・中国商品は思ったより稼げない

今もしそのように感じているのならば、
別の方法を考えたほうが良いと思います。

販売者同士で顧客を奪い合っている現状

単純転売を行う中国輸入ビジネスは今は飽和状態です。
レッド―オーシャン化していますね。

数1000人もの販売者が
1人の顧客を奪い合っている状況です。

顧客を奪い合っている状態では、
大きく稼ぐことはできません。

 

では、実際にアマゾンやメルカリの現状を見てみましょう

以下の写真は
メルカリでレディースのアクセサリーを検索してみた結果です。

ほとんど中国商品です。
しかも、かなり安い金額で販売されている商品もたくさんです。
利益約100円もないんじゃないですかね?
利益100円だと100個売っても一万円です。
アルバイトしたほうが効率良いですね。

では、次にアマゾンでストレッチバンドと調べてみました。

同じ様な中国商品ばかりです。
1000円以下で販売されているものも多いですね。
これも1つ売れても、手数料などを引くと数100円の利益しかありません。

同じ様な商品ばかりなので
価格を下げることでしか、差別化ができずに
どんどん、利益が出ずに
最終的には赤字になっていきます。

 

初心者だからこそ、ズラシ戦法で

ハッキリ言うと、
中国輸入ビジネスで大きく稼ぎたかったら
単純転売ではなくて

しっかり市場調査したうえで、
OEMやODMを行い
独自ブランド商品や、新規商品を出品するしかありません。

しかし、中国輸入ビジネスでOEMやODMを行おうと思ったら、
50万程度はかかると思ってください。

(中国の工場も商売ですので
数個のOEM,ODM商品を作っていたら
赤字になります。)

ですが、初心者の方にとって50万円は大金ですよね。
なかなか、OEM、ODM商品を作ろうとは思わないでしょう。

さらに、初心者がOEM,ODM商品を作っても
売れるかどうかはほぼ運です。
ギャンブルです。
(ある程度の経験者でも100%の確率で売れることはない)

では、どのようにして
初心者は物販ビジネスを始めたら良いかというと
多くの人がやっている方法を、すこしズラして、戦うという方法です

多くの人は
「中国商品×有在庫販売」
を行っていますよね。

そうではなくて、

「中国商品×無在庫販売」
「タイ商品×有在庫販売」
「古着商品×有在庫販売」
「日本商品×韓国輸出」

といったように、多くの人がやっていることを
少しずらして戦うとよいです。

ビジネスにおいて、
みんながやっていること、みんなが持っている商品には
価値がありません

それなのに、みんな同じようなことをやって、
お互いがつぶし合っていくのです。

どうしたら、ズラシ戦法が
できるのかを
考えてみましょう。

簡単なのは、仕入れ国を変えることですね。

 

追伸

OEM商品をタイの工場に依頼しました。

「タイの工場で、OEM商品をつくる」

↑これもかなりのズラした戦法です。
※タイの工場は2,3個からOEM商品可能です。
なので、初心者でもOEM商品作れます。

タイのOEM商品が届くのが楽しみです。

 

この記事は役に立ちましたか?

この記事は役に立ちましたか?
より良い情報を届けるために、以下をクリックして評価していただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらの記事も人気です

1

どうも、NaOです。 最近、以下のような相談をよく受けます。 ・薄利多売に疲れました。 ・小LotからOEM製品を作ってみたいです。 ・品質の良い製品を扱いたいです。 ・大量の在庫保管するスペースがあ ...

2

どうも、NaOです! タイトルの 「中国輸入ビジネスはもう稼げない」 についてですが、 半分その通りで、半分間違っています。 もう少し詳しく述べると 「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはも ...

-マインドセット, 中国輸入, 働き方 生き方, 販売戦略

Copyright© ネット物販で逆転人生させたNaOのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.