メルカリ講座 販売戦略

メルカリでは出品時間も大切【フリマアプリ】

どうも、NaOです!

本日はメルカリなどのフリマアプリでは
出品時間、値下げのタイミングが
とっても大事だというお話をします。

あなたの商品を、誰も見てくれない理由は
出品時間や値下げのタイミングにあるかもしれません。

ECモール(Amazon、楽天)と
フリマアプリ(メルカリ、paypayモール)では
お客さんに商品を知ってもらう方法が全く違います。

ぜひ、この記事をみて
出品時間や値下げのタイミングを意識して、
出品、再出品、値下げをしてみてください。

 

フリマアプリでは出品、値下げのタイミングも大切

お客さんが商品を購入するまでの流れ

メルカリなどのフリマアプリで
出品タイミングがとても大事だ と
理解するために、

そもそも、商品をインターネット上で
購入するとき、どのようにして
お客さんが購入するかを
まずは理解しましょう。

お客さんが商品を購入する流れは

商品に関連するキーワドで検索する

商品を発見する

商品の詳細をみる

購入する

という流れになります。

つまり、購入される前に、
まず商品をお客さんに見てもらう必要があるのです。

見つけてもらわなければ、
商品を買おうという行動もとれません。

まずは、商品を購入してもらう前に
商品を見つけてもらうことを意識してください。

 

ECモールとフリマアプリの違い

Amazonや楽天、ヤフーショッピングといった
ECモールでは、広告をかけて、商品を上位表示させ
お客さんにあなたの商品を見てもらうことができます。

amazonでは以下の赤枠が広告になります。
このようにして、広告をかけて、商品を上位表示させて、
お客さんが商品を見つけてもらうことが可能になります。

 

それに対して、メルカリなどのフリマアプリはどうでしょうか?
メルカリなどのフリマアプリは、ご存じの通り、広告は使用できません。

さらに、フリマアプリは基本的に出品順に表示されるので、
売れない商品はどんどん画面の下に行ってしまいます。
画面下に行くとお客さんが見る機会がなくなってしまいますよね。
見る機会がなくなるということは、売れなくなる確率が高くなります。

 

 

商品を見てもらうために出品時間を意識してみよう

前述したとおり、
フリマアプリでは
売れなかった商品は
どんどん下に埋もれてしまいます。

ですので、お客さんがフリマアプリを見ている
タイミングに合わせて
あなたが出品すると、
より商品を見てもらえる確率が上がります。

つまり、お客さんがフリマアプリを見る時刻、曜日を予想して、
あなたが出品すると売れる確率が上がります。

(出品ではなくても、1割値下げでも、再度上位に表示させることができます。)

では次に、具体的にどの時間帯に
出品したらいいのかを考えてみましょう。

どの時間帯に出品するかを決めるには
「売りたい商品は、誰が購入する商品か?」
を考える必要があります。

・子供服であれば、主婦の方が購入する
・ビジネス用のカバンであれば、社会人の方が購入する

など、商品によって、誰が購入するかは違ってきますよね。

ここでは、例として
主婦向けの商品を扱う場合に出品する時間帯
社会人向けの商品を扱う場合に出品する時間帯
を考えてみましょう。

主婦向けの商品が売れる時間帯

主婦の方は
午前中からお昼すぎまでは
家事や料理で忙しく、
スマホを見る機会がありませんよね。

ですのでこの時間帯(午前中からお昼すぎ)に
主婦向けの商品を売るのはやめましょう。

主婦の方がスマホを見始めるのは
家事がひと段落し、昼食を食べ終わった後の
14時頃~16時頃になります。

つまり、主婦向けの商品はこの時間帯(14時頃~16時頃)が売れる時間です。

以下のような主婦向けの商品は、14時頃~16時頃に出品してみましょう

・レディースのアパレル商品
・子供服
・ハンドメイド商品
・化粧品
・子供用オモチャ
・食器

 

社会人向けの商品が売れる時間帯

社会人の方であれば
平日の日中(8時~18時)あたりは
仕事をしているので、スマホを見る機会がありません。

ですので、仕事が終わり、
帰宅し、リラックスできる時間帯(18時頃~22時頃)
に良くスマホを見ます。

つまり、社会人向けの商品は18時頃~22時頃が売れる時間帯となります。

以下のような社会人向けの商品は18時頃~22時頃に出品してみましょう

・ビジネス系バック
・ビジネス本
・OL向けの化粧品
・仕事道具関係(手帳、万年筆、腕時計)

また、社会人は平日の日中(8時~18時)は
働いていてスマホを見る機会は
ほとんどありませんが
休日だと8時~18時に見る機会もありますよね。

昼ご飯を食べてゆっくりする時間はスマホを
見る機会が増えるかもですね

 

 

最後に

今回は、メルカリなどのフリマアプリでは、
出品時間、値下げ時刻も意識することが大事だというお話をしました。

しかし、お客さんが商品を購入するまでの工程は
以下の通り複数あり、それぞれの工程に対しての
対策が必要になってきます。

商品に関連するキーワドで検索する (対策:検索キーワドを盛り込む)

商品を発見する (対策:画像で目立たせる、出品時間を意識する

商品の詳細をみる (対策:文章術、ライティング、ストーリー力、期限、お得感)

購入する

 

今回の記事の「出品時間を意識する」は
お客さんに商品を発見してもらうに
対する対策です。

それぞれの工程に対する対策がしっかりできているほど
商品が売れるということになります。

 

他の対策も記事にしていく予定なので、楽しみにしていてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

この記事は役に立ちましたか?
より良い情報を届けるために、以下をクリックして評価していただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらの記事も人気です

1

どうも、NaOです。 最近、以下のような相談をよく受けます。 ・薄利多売に疲れました。 ・小LotからOEM製品を作ってみたいです。 ・品質の良い製品を扱いたいです。 ・大量の在庫保管するスペースがあ ...

2

どうも、NaOです! タイトルの 「中国輸入ビジネスはもう稼げない」 についてですが、 半分その通りで、半分間違っています。 もう少し詳しく述べると 「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはも ...

-メルカリ講座, 販売戦略

Copyright© ネット物販で逆転人生させたNaOのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.