準備

インターネット環境をより良く整える【ビジネス】【中国輸入】【物販】

どうも、NaOです。

あなたは
今のインターネット速度が遅くイライラしていませんか?

・通信が遅くてイライラしている時間
・ダウンロードを待っている時間
・ツールを起動させる時間
が非常にもったいないです。

中国輸入ビジネスなど
インターネットビジネスの成功は
インターネット環境に左右される
いっても過言ではないです。

光回線を使用しているのに
光回線に対応していない
LANケーブルやルータを使用している人もいます。

そんな人は

せっかくの高速道路を
三輪車で走るようなものですよ。

この記事を読んで、
ビジネスをするうえで最適な
インターネット環境を整えましょう。

インターネット環境を整えよう

インターネット回線の種類

この記事では
光回線で最速のインターネット速度を出すために
どうするのか?
について書きますが

その前に、インターネット回線の種類を把握していましょう。
もし、本格的にインターネットビジネスをやりたいのに
光回線以外のインターネット回線を使用しているのなら
光回線に乗り換えることをお勧めします。

さて、インターネットに接続するには

・「有線」でインターネットに接続するか
・「無線」でインターネットに接続するか

大きく2種類あります。

「有線」でインターネットに接続する方法には
・光回線
・CATV
・ADSL
・ISDN
・ダイアルアップ接続

などいろいろありますが、
土地柄光回線が使えない限りは
最もインターネット速度が速い光回線を選択しましょう。


「無線」でインターネットに接続する方法は

・ポケットWi-Fi
・スマホのテザリング

などがあります。

どこでも持ち運べるというメリットがありますが
インターネット速度と安定性に欠け、
ギガ数の上限があったりと、
本格的にインターネットビジネスをやりたい人にはお勧めしません。

 

インターネット環境(光回線)の構成は?

インターネットが
あなたのPCやスマホで使えるようになるには
以下のような構成が必要です。

インターネット環境を
より安定的により早くするためには

光回線事業者とプロバイダー、LANケーブル、ルーターの最適化が
必要になります。

では、それぞれどのように選んでいくべきかを解説します。

光回線事業者とプロバイダー選定

光回線事業者とプロバイダーの選び方についてです。
それぞれ以下のような役割を担っています。

・回線事業者:設備、光ファイバーなどの回線を提供する会社(東西NTTなど)
・プロバイダー:インターネットを接続する会社

基本的には、どのスマホキャリアを使っているかで選定するとよいです。

auユーザーならauひかり、ドコモユーザならドコモ光、softbankユーザなら、ソフトバンク光
そのほうが、スマホ料金とインターネット料金が割引になったりします。

ですが、個人的に着目してほしいのが、
次世代の通信である、
IPv6通信ができです。

難しい説明は省きますが、要は
「今までのIPv4通信は、インターネット通信が不安定で遅い
「次世代のIPv6通信は、インターネット通信が安定的で早い
と思ってもらっていいです。

最近は、ほとんどの企業でIPv6通信ができますが、
IPv6通信を利用するには
別料金がかかったりする企業もあります。

例えば、
ソフトバンク光はIPv6通信をするには
ソフトバンク光が提供する「光BBユニット」という機器を
月500円でレンタルしなければなりません。

IPv6通信をできるか、無料で使えるかを調べて、
光回線事業者&プロバイダーを選定しましょう。

ちなみに、私は今は楽天ひかり(フレッツ光回線を使った光コラボ回線)です。
一年間無料キャンペーンの時に乗り換えました笑

LANケーブル選定

あなたはLANケーブルはどれも同じと思っていませんか?
それは大きな間違いです。

せっかく光回線を使っているのに、
インターネット速度が出ないLANケーブルを使っていると
本当にもったいない。

LANケーブルにはカテゴリ(規格)があるのをご存じですか?
以下の表のように、
規格によって最大通信速度が違います。

この表の下に行くほど、インターネット通信が速いということになります。
(だからと言って、カテゴリ8はオーバースペックなので、買う必要はありません)
(こちらのカテゴリ6Aで十分です。→アマゾンで買う

例えば、
光回線の「NURO 光」の最大通信速度は2Gbpsですが、
NURO光を使っているのに、「カテゴリ5のLANケーブル」を使っていると
0.1Gbpsの通信速度しか出ないことになります。

昔のLANケーブルを使いまわしていている人、↑のような状況になっていませんか?
非常にもったいないですよ。

一度あなたのLANケーブルのカテゴリを調べてみましょう。

LANケーブルのカテゴリはLANケーブル本体にも書かれています。

ルーター選定

IPv6通信対応しているか?

光回線事業者とプロバイダー選定のところで
IPv6通信ができるか企業を選ぼうといいました。

せっかく、IPv6通信のできる企業を選んだので、
ルータもIPv6通信のできるルーターを選ぶ必要があります。

IPv6通信ができる環境が整っているのに
ルーターがそれに適応していないと
これもまたもったいないです。

購入する際、IPv6通信対応しているかを確認しましょう。
以下のようなマークがあったりします。

Wifi規格にも着目しよう

ルーターが発するWifiにも
以下のように規格があります。

この表の下に行くほど、wifi通信が速いということになります。

大昔のルータを使っていませんか?
ルータの背面などを確認して、
無線規格が何なのかを確認してみましょう

動画でビジネスを学習する人もいますが
ストレスなく動画視聴する場合は通信速度50Mbps以上は欲しいです。

最近は Wifi 5(IEE802.11ac)が主流ですが、
次を見越して、Wifi 6(IEE802.11ax)対応のルータを買うのもいいと思います。
※wifiの受取側(スマホ、PC)がwifi6に対応する必要があります。

もし一人暮らしで、それほど部屋が多くなければ
このルーターで十分だと思います。
アマゾンで買う

まとめ

インターネット通信速度は
水路や道路と同じで、

どこかで障害や渋滞が起きてしまうと、
そこから先のスピートが極端に落ちます。

インターネットビジネスで成功するには
インターネット環境が大切です

インターネット速度が遅くてイライラしている人は
上流(回線事業者、プロバイダー)から順に一度見直してみましょう。

 

この記事は役に立ちましたか?

この記事は役に立ちましたか?
より良い情報を届けるために、以下をクリックして評価していただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらの記事も人気です

1

どうも、NaOです。 最近、以下のような相談をよく受けます。 ・薄利多売に疲れました。 ・小LotからOEM製品を作ってみたいです。 ・品質の良い製品を扱いたいです。 ・大量の在庫保管するスペースがあ ...

2

どうも、NaOです! タイトルの 「中国輸入ビジネスはもう稼げない」 についてですが、 半分その通りで、半分間違っています。 もう少し詳しく述べると 「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはも ...

-準備

Copyright© ネット物販で逆転人生させたNaOのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.