メルカリ講座 中国輸入 販売戦略

セット販売で商品の価値を上げる

どうも、NaOです。

本日はセット販売戦略について、
ご紹介したいと思います。

転売(ただ仕入れて、何の付加価値もつけないで販売する)では
必ず、価格競争に巻き込まれてしまい、
値段を下げないと、
商品が売れなくなったり、
利益を出すことが難しくなります。

同じ商品なら、
誰でも安く購入したいですよね。

今回の記事は
ただの転売から
ステップアップする1つの戦略
セット販売についてご紹介します。

セット販売のメリット

そもそも、セット商品とは以下のように、
複数の商品を1つにまとめて(1セットにして)ある
商品のことです。

このような商品を見た方も多いのではないでしょうか?
では、セット商品のメリットを見ていきましょう。

購入者がよろこぶ

今、あなたは運動不足のせいで、
最近、おなかが出てきており、

「本気でダイエットや筋トレに励もう!」
「いろんなトレーニング器具が欲しい!」
と思っている購入者だとします。

以下のA店と(B,C,D,E,F,G)店
どちらのお店から購入したいですか?

A店:6点セットで2480円
(セット内容:腹筋ローラー、ハンドグリップ、プッシュアッパー、縄跳び、マット、エクササイズバンド)

B店:腹筋ローラー 1000円
C店:ハンドグリップ 1000円
D店:プッシュアッパー 1000円
E店:マット 1000円
F店:縄跳び 1000円
G店:エクササイズバンド 1000円

沢山の器具が欲しい購入者の場合、

A店で買ったほうが安く買えるし、
B~G店から購入するめんどくささ、
がなくなるので、
おそらく、A店から買うのではないのでしょうか?

セット販売は購入者側にとっても嬉しいものです。

差別化になる

以下はAmazonで「腹筋ローラ」と検索して表示された商品になります。
この検索結果をみて、
あなたが腹筋ローラが欲しい購入者だった場合
どのように思いますか?

同じような商品で、どれがいいのか全くわかりませんよね。
同じような商品だから、
できるだけ安いものを買おうと思いませんか?

そこで、セット商品を販売すると、
まず差別化につながります。

そして、見た目で注意を惹きますし、

購入者はお得かも!
と思って商品を購入てくれる
可能性が高まります。

送料が節約できる

例えば、

10個の商品を、1つ1つ販売した場合
10個の商品に対して、1つ1つに送料がかかってしまいます。

送料200円とすると
送料200円×10個=2000円かかってしまいます。

ですが、10個の商品を
10個入りの1セットとして販売すると、

送料200円とすると
送料200円×1セット=200円
だけの送料しかかかりません。

セット販売することで、
一つ一つ販売する場合に比べ
1800円分も節約できました。

価格を下げても、利益を上げることができる

上記のようにセット販売すると
送料を節約できることがわかったと思います。

送料が節約できるということは、
販売価格を下げても、
利益を上げることができます。

1000円の商品を10個、1つ1つ販売した場合(送料200円とする)
売り上げ:1000円×10個=10000円
送料:200円×10個=2000円
利益:10000円-2000円=8000円

9000円のセット商品(上記商品の10個入り)を1つ販売(送料200円とする)
売り上げ:9000円×1個=9000円
送料:200円×1個=200円
利益:9000円-200円=8800円

9000円のセット商品の方が
売り上げは低いのに、
利益は800円も
高く得ることができてますね。

検索ワードに引っかかりやすくなる

例えば、
以下の商品「腹筋ローラー、ハンドグリップ、プッシュアッパー、縄跳び、マット、エクササイズバンド」
を販売したいとしましょう。

商品タイトル:腹筋ローラー
では腹筋ローラーに興味がある人しか、
その商品を見つけることができませんが、

商品タイトル:腹筋ローラー、ハンドグリップ、プッシュアッパー、縄跳び、マット、エクササイズバンド
としてしまえば、
・腹筋ローラー に興味がある人
・ハンドグリップ に興味がある人
・プッシュアッパー に興味がある人
・縄跳び に興味がある人
・マット に興味がある人
・エクササイズバンド に興味がある人
それぞれの商品に興味がある人が
その商品を見つけてくれます。

セットにすることはノーリスク

すでに手元に商品があるときは
手元にある在庫を組んで出品するだけ。

仕入れる必要もないので
ノーリスクですよね。

むしろ、商品バリエーションが増えるので
露出機会が増え、たくさんの人が商品を見つけてくれます。

またセット商品を見た人が、
単品を探すという回遊効果も期待できますね。

 

セット販売のコツ

購入者が喜ぶセット内容にする

早く売りたいからと言って、
あなたの都合で適当にセット商品を作っても売れません。

購入者がどのようなニーズを
持っているかを考える必要があります。

有線イヤホンと無線イヤホンを
セット販売しても買いたいと思いませんよね?
イヤホンは1つでいいし。

簡単なのは
・コミック本(続きが読みたくなる購入者の心理)
・日用品や食品などの消耗品(必ず使うものなので、まとめ買いしたい心理)
でしょうか。

しかし、簡単なものはすぐ誰にでもマネできるということなので、
差別化にはつながらず、いづれは価格競争に巻き込まれます。

参考になるのはアマゾンの
”よく一緒に購入されている商品”から
購入者の心理を考えることです。

例えば、
以下のダンベルは

よく一緒に、以下のような商品が購入されているようです。
このようなヒントをもとに、購入者が何を喜んでいるのかを考えましょう。

セット販売のメリットをしっかり伝える

セット販売しても、
購入者にセット販売のメリットが
伝わらければ意味がありません。

セット販売の場合
購入者のメリットは、
安く手に入ることだと思います。
(販売者のメリットは、送料が節約できるので利益は上がる)

「セットで買うと980円→600円(380円もお得!)」
のようにしっかり購入者のメリットを書きましょう。

自分が知っているから、
相手も知っているだろう
という考えは捨てましょう。

ちょっとしたおまけ商品でも購入者は嬉しい

ちょっとしたおまけをつけることでも
購入者が買いたいと思います。

オマケ商品は高価なものでなくて構いません。

たとえば、

・上記のようなオマケ商品をがついてくるボディソープ:800円
・ボディーソープ800円

同じ値段なら、オマケ商品がついてくるほうを買いたいと思います。

全く売れないと利益0円ですが
オマケ商品をつけて売れるのであれば、
オマケ商品の値段を差し引いても、利益につながるはずです。

オマケ商品を広告費として
考えてみましょう。

このようなオマケ商品は販促グッツと言います。

タオバオやアリババから見つけてもよいですし、
国内にも販促グッツを販売しているサイトもありますので、
以下を参考にしてみてください。

販売促進流通センター
販促グッツ.com
販促EXPO.com

最後に

セット商品販売戦略について
いかがでしたでしょうか。

簡単なことですが、
意外と誰もやっていないものです。

ほぼノーリスクなので
やらないのはもったいないと思います。

ぜひセット商品販売にチャレンジしてみてくださいね。

販売戦略は
他にもたくさんあります。

他の記事で書いていきますので、楽しみにしていてください。

この記事は役に立ちましたか?

この記事は役に立ちましたか?
より良い情報を届けるために、以下をクリックして評価していただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらの記事も人気です

1

どうも、NaOです。 最近、以下のような相談をよく受けます。 ・薄利多売に疲れました。 ・小LotからOEM製品を作ってみたいです。 ・品質の良い製品を扱いたいです。 ・大量の在庫保管するスペースがあ ...

2

どうも、NaOです! タイトルの 「中国輸入ビジネスはもう稼げない」 についてですが、 半分その通りで、半分間違っています。 もう少し詳しく述べると 「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはも ...

-メルカリ講座, 中国輸入, 販売戦略

Copyright© ネット物販で逆転人生させたNaOのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.