中国輸入 販売戦略

コンセプトがないと商品が売れない理由【販売戦略】【中国輸入】

どうも、NaOです

突然ですが、
あなたの商品、サービス、お店に
コンセプトはありますか?

コンセプトは商品の心臓部です。

あなたの商品が売れない理由は
コンセプトがないからかもしれません。

今回はコンセプトについて説明していきます。

コンセプトについて

コンセプトとは

コンセプトとは
商品、サービスを作る際に
ベースとなる構想・考え方のことです。

少しわかりにくいと思いますので、
すこし例を挙げます。

「お子さんが一緒でもゆっくりできる、お母さんにやさしいラーメン屋」
というコンセプトのラーメン屋があるとします。

このコンセプトを持ったラーメン屋さんは
・子供用メニューをつくる
・すべてがソファー席
・授乳室がある
・においが気にならないラーメン構成である

など、そのコンセプトに沿った、接客、ラーメンを用意することでしょう。

「お子さんが一緒でもゆっくりできる、お母さまにやさしいラーメン屋」という
コンセプトにかかわらず、
お母さんがゆっくりできない、カウンターのみの店舗を作ると、
コンセプトから大きく外れることになります。

このように、コンセプトは「終始一貫させる考え・構想」ということです。

なぜコンセプトが必要なのか?

人は、コンセプトみて、商品の価値を判断します。

よって、優れたコンセプトは
圧倒的な訴求力を持つことになります。

優れたコンセプトの例を見てみましょう。

・1000曲をポケットに (ipod)
・吸引力の落ちないただ一つの掃除機 (ダイソン)
・10秒チャージ2時間キープ  (ウイダーinゼリー)
・家庭でもなく職場でもない第3の空間 (スターバックス)
・30分以内に熱々ピザを自宅までお届け (ドミノピザ)

いかがでしょうか。

コンセプトだけで、その商品の特徴を表していて、
「欲しい」と思いませんでしたでしょうか。

もし、ipodが
「データ容量2G、サイズ3㎝×8㎝、厚さ1㎝、コンパクトデザインの音楽プレイヤーです!」
と説明されて買いたいと思いますか?
(←スペックは適当です。)

思いませんよね。

「1000曲をポケットに」
というコンセプトを伝えるだけで、

お客さんが
その商品を購入した後のイメージを容易に想像させることができます。

良いイメージが思い浮かぶと行動(購入)したくなりますよね。

 

コンセプトの作り方

コンセプトをつくるには

まずは、あなたが売ろうとしている商品を、
以下のポイントに従って書き出してみましょう。

1,Target  :(誰のため?)
2,Method :(どのような方法で?)
3,Benefit  :(どんな結果をもたらす?)
4,New   :(どうあたらしい?)
5,Why   :(なぜあなたが行うのか?)

今回は、飲料メーカーKRIN のmoogyのコンセプト
「いいわたし、いいくらし」を考えてみましょう

moogyのサイトには、詳しくコンセプトや、
開発経緯などあるので、しっかり見ておくといいですよ。

1,Target  :(誰のため?)

・20代から30代の働く女性
・毎日健康でいたい女性
・忙しい日々に楽しみが欲しい女性

2,Method :(どのような方法で?)

・ハーブ、ショウガと黒豆をブレンドした麦茶
・常温でもおいしく飲めて、飽きがこない(冷え対策)
・服を選ぶみたいに容器が可愛い

3,Benefit  :(どんな結果をもたらす?)

・忙しい毎日に、小さな幸せ、楽しみを感じれる。
・幸せを感じることで健康的になる
→いいわたし

4,New   :(どうあたらしい?)

・デザインが可愛い
・デザインが季節で変わる
・服を着るように、その日の気分でデザインをえらべる
・EC販売限定
・SNSやイベントを通じての交流
・moogyをつかったDIY (→捨てない容器=いいくらし)

5,Why   :(なぜあなたが行うのか?)

・開発者自身が家事や育児に追われて、自分の時間がなかった。
・自分と同じ忙しい女性たちに、小さな幸せと届けたいと思ったから。

凝縮

・これら5つの要素を凝縮して
・購入者が伝わりやすく、イメージしやすい言葉にすると

健康的な女性→いいわたし
幸せを感じる暮らし→いいくらし

moogyのコンセプト
「いいわたし、いいくらし」

という表現が生まれます。

まとめ

コンセプトは
商品を開発するだけでなく、
サービスやお店を作るときにも重要です。

ぜひ、

1,Target  :(誰のため?)
2,Method :(どのような方法で?)
3,Benefit  :(どんな結果をもたらす?)
4,New   :(どうあたらしい?)
5,Why   :(なぜあなたが行うのか?)

を意識して、コンセプトを作ってみてくださいね。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

この記事は役に立ちましたか?
より良い情報を届けるために、以下をクリックして評価していただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらの記事も人気です

1

どうも、NaOです。 最近、以下のような相談をよく受けます。 ・薄利多売に疲れました。 ・小LotからOEM製品を作ってみたいです。 ・品質の良い製品を扱いたいです。 ・大量の在庫保管するスペースがあ ...

2

どうも、NaOです! タイトルの 「中国輸入ビジネスはもう稼げない」 についてですが、 半分その通りで、半分間違っています。 もう少し詳しく述べると 「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはも ...

-中国輸入, 販売戦略

Copyright© ネット物販で逆転人生させたNaOのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.