中国輸入 仕入れ

中国輸入商品の仕入れ値計算【初心者向けもあり】

どうも、NaOです。

本日は中国商品の仕入れ値の計算方法について
解説します。

仕入れ値の価格をしっかり計算しておかないと
思ったより、利益がでなかったり、
むしろ赤字になったるするので、

正確な利益計算ができるようになるためにも、
しっかり中国商品の仕入れ値を計算しましょう。

また、最後に初心者の方向けに
簡単に仕入れ値を出す方法を記載していますので、
ぜひ最後までご覧ください

中国仕入れにかかる各費用

商品代金


アリババやタオバオで
販売されている商品の代金です。

上の商品の場合だと、20元です。
(¥と表示されていますが元です。)

この記事を書いている今日の為替レートによると

1元=16.22円なので、

この商品の値段を円に直すと
20(元)×16.22(円/元)=325円 となります。

つまり、この商品代金は
325円となります。

※今回は、正確に日本円に換算しましたが、
毎回為替レートを確認する必要はありません。
私は多く見積もって1元=18円としています。

中国内送料

中国輸入ビジネスは基本的に
中国輸入代行会社を利用して行いましょう。

中国にいる出品者から発送された中国商品は
一度、代行会社が受け取って、
私達に商品を輸送します。

ですので、中国内送料は
中国にいる出品者から代行会社までの送料のことを
指します。

中国内送料
・代行会社の拠点がどこあるのか、
・中国にいる出品者の拠点がどこにあるのか
によって変わりますので、
購入前に、事前に代行業者に確認を取っておきましょう。

小さくて軽いものであれば、送料無料の出品者もいます。

代行手数料

中国輸入代行業者に支払う手数料になります。

商品代金に対して、代行手数料がかかる場合は
商品代金の3%~8%の代行手数料がかかります。
代行手数料は代行会社によります。

また、商品代金に対して代行手数料を支払うのではなく、
月額料金を支払って利用する代行会社もあります。
(月額料金を支払っている場合は、商品代金に対する手数料はかからないことばおおい)

要は
・商品に対して代行手数料を支払うか
・月額料金(代行手数料)を支払うか
のどちらかの代行手数料がかかります。

利用している代行会社の代行手数料を確認しておきましょう

私の利用しているラクマートさんは
商品代金に対して5%以下(長く使えば手数料が安くなるシステム)
がかかります。
(最近は月額料金での利用もできるようになりました。)

私がお勧めするラクマートさんの記事と
代行会社一覧を載せておきます。


中国輸入代行会社一覧【おすすめ会社の紹介あり】

どうも、NaOです。 この記事では、中国輸入代行会社の一覧を載せておきます。 この記事にのせていない、代行会社もたくさんありますので ぜひご自身でも探してみてくださいね また、輸入代行費用として ・商 ...

続きを見る

国際送料

中国から日本の送る時にかかる送料です。

・利用している代行会社や、
・航空便か船便で輸送するか
・何を輸送するのか
・どれくらいの量を輸送するのか
によって国際送料変わっています。

航空便の平均国際送料は
1キロの商品を15元~20元
です。

航空便だと、
日本に到着までの時間は早いですが、料金が船便に比べて高くなる傾向があります。

船便だと、
日本に到着するまでの時間は遅いですが、料金が航空便に比べて安くなる傾向があります。
※↑必ずこの通りになるわけではありません。

小さく、軽くてかさばらないものは、送料が安く
大きく、重くてかさばるものは   送料が高くなります。

電池・磁石を含む商品だと、
電子特殊便という輸送方法になり、送料が高くなります。

関税・消費税

「商品を輸入する」ということは関税がかかります。
また「商品を購入する」ので消費税もかかります。

関税率(輸入商品に課せられる税率)は商品によって、異なります
毎回関税率を確認するのは、面倒なので
経験上、商品代金に対し、関税は約10%ほどかかると思っておくと問題ないです。

また、個人として輸入するのか、法人として輸入するのかでも関税が変わってきます。

・個人輸入の場合
関税額=課税対象額(商品代金×60%) × 関税率
・一般輸入(法人での輸入)の場合
関税額=課税対象額((商品代金+送料)×100%) × 関税率

また、以下の場合免税される場合もあります。
・課税対象額が10,000円以下
・個人輸入で、商品代金16,666円以下

免税される場合もありますが、
中国輸入では、関税は掛かってくると思っておきましょう。

 

日本国内送料

日本に商品が届いたあと、目的地に輸送するときの送料です。

代行会社から、直接目的地に輸送してもらう場合は、不要です。
・直接、自宅に送付してもらう場合
・直接、amazonのFBA倉庫に送付してもらう場合
(代行会社によっては、FBA倉庫へ直接、送付できない場合もあります。)

その他経費

人によっては不要の経費です。

例えば、代行会社に
・詳細な商品検品
・FBAバーコードの添付
・商品を組み合わる
・商品をOPP袋にいれる
などをお願いする場合にかかってくる費用となります。

 

簡単に仕入れ値を計算する方法【初心者向け】

中国商品を仕入れるときにかかる費用を記載してきましたが、
正直、一つ一つ計算していると時間もかかるし、難しいですよね。

そこで、お勧めの方法をお伝えします。
それは、商品代金(元)×25(円/元) をして
簡易的に仕入れ値を計算する方法です。

この方法は、輸入にかかる費用等を含ませて、
円換算している方法となります。


例えば、こちらの商品の仕入れ値を簡易的に計算しようと思った場合は
20元×25(円/元)=500円となります。

本来ならば、仕入れ値を計算する場合、
商品代金+中国内送料+代行手数料+国際送料+関税・消費税
というように計算しなければなりませんが、

商品代金(元)×25(円/元)で計算する方法だと、
すぐに仕入れ値を出すことができますね。

また1元=25円と計算しておくと、
実際にかかった仕入れ費用値も、多めに見積もっている事が多いです。

ですので、この方法で
販売した際に、赤字になるということは
ほぼ避けることができます。

一番避けるべきは赤字になることですよね。

この方法の注意点としては、
サイズが大きい、重量が重い等の商品では、
1元=25円だと少なく見積もってしまう恐れもあります。
その時は一元=30円として計算しましょう。

ですので、初心者の方は商材が
「軽くて、壊れにくく、小さい物」
を選ぶようにしましょう。

洋服、アクセサリー、スマホケースなどは
初心者にもお勧めです。

 

最後に

初めて中国から輸入するとなると
わからないことだらけですよね。

特に、本当にこの商品が売れるのか?
など不安になるでしょう。

わたしも、利益計算を間違って、
赤字で販売していたこともあります。

苦い経験もあなたの糧になりますので
どんどんチャレンジしていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?

この記事は役に立ちましたか?
より良い情報を届けるために、以下をクリックして評価していただけると幸いです。

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村へ

こちらの記事も人気です

1

どうも、NaOです。 最近、以下のような相談をよく受けます。 ・薄利多売に疲れました。 ・小LotからOEM製品を作ってみたいです。 ・品質の良い製品を扱いたいです。 ・大量の在庫保管するスペースがあ ...

2

どうも、NaOです! タイトルの 「中国輸入ビジネスはもう稼げない」 についてですが、 半分その通りで、半分間違っています。 もう少し詳しく述べると 「よく初心者が行う、単純転売の中国輸入ビジネスはも ...

-中国輸入, 仕入れ

Copyright© ネット物販で逆転人生させたNaOのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.